秋霖逃れ旅3(2017年10月17日)

道の駅朝日で目覚める。

明日用事があるので今日中に帰宅する。

新発田まで国道7号、
県道で国道49号、
奥会津にある西山温泉を経由し、

20171018104011d32.jpg

20171018104012b23.jpg

20171018104009b8e.jpg

国道401、400号で、
会津西街道へでる。

道の駅たじま、
でシメジと舞茸を調達し、
栃木県側にある休憩所で、
ラーメンを作り昼食とする。

20171018104015b9a.jpg

猫が物欲しげに見つめる。

201710181040142b7.jpg

残念にゃー、
手頃な食べ物が無いにゃー。

あとはひたすら走り、
17時半前に帰宅する。
スポンサーサイト

秋霖逃れ旅2(2017年10月16日)

道の駅神林で目を覚ます。

寝る前温泉、
折り畳みベット(コット)、
大型トラックがエンジン停止、
等の好条件が重なり、
一桁国道にある道の駅の割りに、
安眠する。

斜め向かいにあるセブンイレブンへ移動し、
目覚めのコーヒー、
ブログ更新、
やらをする。

昨日暗闇の中走った海岸通に戻る、

20171018060630ea7.jpg

夜の海上に光り輝いていた正体、
岩舟沖油ガス田、
であった。

20171018060631b06.jpg

これから進む方向に、
粟島が見える。

20171018060633019.jpg

村上市から日本海沿いの国道345号に入る。

国道を脇にそれ、
羽越本線と日本海の間にでる、
左に粟島が見える。

2017101808411475f.jpg

奇岩奇石が続く笹川流れ、
何度も訪れているので、
停まらず走る。

粟島が近くに見える駐車場に停める。

201710180841157ad.jpg

20171018084112689.jpg

20171018084111f8c.jpg

国道7号に合流し、
さらに北上すると、
海に浮かぶ鳥海山が見え始める。

201710180856300b9.jpg

この下に広がる庄内平野に、
鶴岡や酒田の街がある。

庄内平野に入り、
温泉博士の手形で入浴できる、
なの花温泉 田田(でんでん)、
で朝風呂する。

少し早いが、
近くの公園で、
ラーメンを作り昼食とする。

鶴岡城址公園へ移動し、
駐車場に車をおき、
散策する。

至導博物館、
入館料が必要なので、
外からチラ見する。

2017101809502524f.jpg

201710180950211fe.jpg

どうやら、
これらの立派な洋館が、
博物館となっているのかな。

古の庄内平野の繁栄が偲ばれる建物と推測する。

城址公園に向かう、

20171018095019492.jpg

堀に鴨が一羽泳いでいる。

2017101809502474e.jpg

堀を渡る橋に行くと、
鴨が群れている。

20171018095022f47.jpg

城内に藤沢周平記念館がある、
以前訪ねた時はチラ見だけであったので、
入館する。

201710180958352a7.jpg

年間入館券が1,000円、
館内図書館にある藤沢周平の蔵書が読めお得、
近くに住んでいたらなぁ。

駐車場の近くにある、
慶応大学先端生命科学研究所がある建物。

20171018095836d2d.jpg

酒田に移動、

ひときわ鳥海山が大きくなる。

20171018100927e62.jpg

以前訪ねた山居倉庫群は素通りして、
日和山公園へ、

月山や羽黒山が鶴岡方面に見える。

201710181009254f0.jpg

最上川河口が港になっている。

201710181009288dc.jpg

付近には「おくりびと」のロケ地、

20171018101357409.jpg

20171018101356d99.jpg

千石舟の1/2模型、

20171018101354397.jpg

最上川河口にあった明治時代の燈台、

20171018101358045.jpg

がある。

趣ある公園です。

夕焼けを期待し日本海を南に下るも、

20171018101818ec6.jpg

残念な夕焼けとなる。

道の駅朝日で車中泊する。

秋霖逃れ旅(2017年10月15日)

どうやらグズツキ模様の気候が、
一週間ほど続くよう、
下越から東北が天候が良さそうなので、
旅にでる。

さすがに雨中のバイク旅は辛いので、
N-one号で行く。

まずは新潟を目指す、
途中前橋で温泉博士の手形を利用し、
入浴する。

三国峠を過ぎても、
雨模様、

201710180602335fa.jpg


魚沼あたりで曇りとなる。

新潟市ぐらいで暗くなり、
日本海沿いが夕陽色であるが、
頭の上は厚い雲、
その2層がくっきりとして美しい。

村上まで走る、
新潟から70Km以上あるが、
無料高速道路と海岸沿いの国道113号で、
意外と早く到着する。

瀬波温泉で一風呂浴び、
道の駅神林にて車中泊する。

そうだ京都へ行こう4(2017年10月11日)

どうやら前線が南下するので、
明日から関西は天候が悪化する予報、
名残惜しが帰ることにする。

オプションとして、
静岡あたりでもう一泊、
の手もあるな。

奥浜名湖にあるホテルの温泉、
250Km、
まずはここを目指す。

ナビー任せで走る、
信楽から伊賀を経て、
阪名道(国道25号)の無料区間、
国道1号を関から四日市、
国道23号を四日市から小郡、
国道1号や県道で三ヶ日町にあるホテル、
温泉手形で無料入浴する。

長閑な景色に、
心なごむ。

2017101300110062f.jpg

岸辺では水上サーフィン、

20171013001103276.jpg


家まで260Km、
時間は午後2時、
午後9時までに帰れそうなので、
頑張って走る。

走るにつれライダーズハイな気分になり、
自分がバイクの構成部品となり、
無我になる。

9時前に帰宅する。

明日から写真を更新する予定。

そうだ京都へ行こう3(2017年10月10日)

朝8時に宿を出発し、
堀川通りより北に向かうバスにのり、
上賀茂神社に近い停留所で降り、
参拝する。

鴨川の上流にある、
境内にある小川が他にない、
優雅な風情を演出している。

遠くに二番目の鳥居が見えている。

20171012175751bfc.jpg

20171012175753aec.jpg

本殿の前に砂の柱

2017101217575699e.jpg

右手に倉庫、

20171012175752c60.jpg

その後ろに小川の流れ、

20171012175755c63.jpg

歌会が開かれるお庭にも、

20171012175758a17.jpg

格式が高い神社でした。


京都駅行きバスに乗り、
四条河原町で降り、

八坂神社方面に歩き、

20171012181234479.jpg

素通りして円山公園、
季節外れの気温に汗、

知恩院の華麗な山門、

20171012181236919.jpg

20171012181240f59.jpg


青蓮門院跡、

20171012181238e02.jpg

遠くに平安神宮の大鳥居、

2017101218123758d.jpg

三条通りを東山方面へ歩き、
琵琶湖疎水の物流システムのインクライン、

20171012182545cca.jpg

疎水の電力で、
舟ごと乗せるケーブルカー、

下った所で見上げる、

201710121825433c3.jpg

南禅寺はすぐ側となり、
象徴である山門、

20171012182547458.jpg

歌碑、

20171012182546695.jpg

「この門入れば涼風おのづから」

南禅寺の山裾にある琵琶湖疎水、

20171012183649d83.jpg

201710121836510fb.jpg

20171012183650a7f.jpg

と散策する。


丸太通りまで歩き、
バスに乗り、
堀川丸太で降り、
宿にもどる。

近くの洋食屋のGONで、
エビフライ定食を摂る。

20171012183858cb1.jpg

2017101218385988c.jpg

宿で缶ビールを飲み、
昼寝する。

歩きまわった疲れか、
嵐山へ行く予定が、
面倒になり、
宿でゴロゴロし、
ついでに掃除機をかける。

20171012183956a31.jpg

日が落ちた頃、

20171012183958d3d.jpg

近くの銭湯へ行き、
汗を流し、
樹海で晩酌セット、
990円で、
大瓶ビール、
おでん二品、
串揚げ六本、
これ中々です。

宿泊者は自分だけ、
部屋をねいっぱいつかって、
寝る。
アクセス・カウント
プロフィール

無為徒食人

Author:無為徒食人
2011年4月より、
会社人生に見切りを付け、
無為徒食な人生を過ごしています。
宜しく。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR